「”SDGs”とは ?ー外資系企業の事例ー」

みなさん、こんにちは。

先週からスタートしたコラムですが、本日からは、1つ目のトピックとして「SDGs」を題材に上げて、1〜17のゴールについて紐解いていきます。

ゴールのお話に入る前に、SDGsそのものとSDGsに基づいた日本企業と外資企業それぞれの興味深い取り組みを紹介します。

 “SDGs” とは?

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、「エス・ディー・ジーズ」と発音します。日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。2015年9月の国連加盟193ヵ国が参加する国連サミットで全会一致で採択された、2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標のことを指します。

17のゴール(目標)とそれをさらに具体化した数値目標を含む169のターゲットが採択され、「地球上の誰一人として取り残さない」ことが誓われています。

<ファンスクmemo>

(その1)国連

∟国際連合の略。1945年に目的達成のために協力を誓った独立国家が集まって発足した国際機関で、平和維持と社会の発展を目的として作られました。平和と安全、経済、社会、文化、環境、人権や自由にまつわる難題をテーマに加盟国がディスカッションをする場として機能しています。国連は加盟国が決定したことを実行する機能を持ちますが、各国の政府や国民を代表する機関ではありません。

(その2)国連サミット

∟国連主催の国際会議。国連本部があるニューヨークで2015年9月に開催され、環境問題と持続可能な開発に関して議論されました。193の国連加盟国の首脳や閣僚、国際機関や民間企業、研究機関、市民団体などが参加し、2016年から2030年にわたり、国際社会と各国政府によって共有される行動計画「私たちの世界を転換する:持続可能な開発のための2030アジェンダTransforming Our World : 2030 Agenda for Sustainable Development」が採択されました。

参考:外務省HP「https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

SDGsは2016年からの行動計画として採択されていますが、日本でよく耳にするようになり、かつ意識が広がってきたのはここ1,2年といっても過言ではありません。

しかし、国民に馴染みがうまれる前から、「SDGs」の取り組みをはじめている企業は多数存在します。本日はSDGsの浸透も早い外資企業の事例を紹介します。

外資系企業のSDGs取り組み事例〜H&M〜

参考;https://www2.hm.com/ja_jp/hm-sustainability/lets-change.html

1947年に生まれたスウェーデン発のファッションブランド。発音は「ヘネス・アンド・マウリッツ」。2008年9月13日に日本一号店である銀座店の開店時には約5000人が行列をつくり、メディアも殺到。ファストファッションのブームを巻き起こした企業の1つといえる同社も早くからSDGsへの取り組みを実施しています。

外資系とだけあって、サステナブルが意識された企業の取り組みが、消費者にも見えるような工夫がなされていたり、消費者が自然とサステナブルな取り組みに”参加できる”仕組みが用意されているのが特徴的です。

まずは、H&Mのタグの中で、消費者にもサステナブルが”見える”「CONSCIOUS(=コンシャス)」とよばれるグリーンのタグがあります。サステナブルな素材を50%以上含んだ製品にのみグリーンタグがつけられます。

このタグがついている

=環境に配慮した素材が使われている、ということが見てわかるというわけです。

デザインや素材で服を選ぶことが大半ですが、自分の選んだものが「環境にも配慮されている」ことがわかれば環境を意識するきっかけにもなりそうです。

また、消費者がサステナブルな取り組みに”参加できる”「ガーメントコレクション」と呼ばれる取り組みもあります。

いらなくなった衣類をお近くのH&Mのレジ横にあるリサイクルボックスへ入れるだけ。衣類のブランドや状態は問わず、たとえ靴下片方だけでもOKといいます。ゴミを捨てるにもお金がかかりますが、H&Mに持ち込むとリユース・リサイクルしてくれて、さらに次回のお買い物で利用可能な「500円割引きクーポン」が貰えるというまさに良いことづくめなのです。

何気ない生活の中でサステナブルを「意識させてくれる」のはスウェーデン発祥のグローバルな企業ならでは。

SDGsが採択され、行動スタートとなった2016年にはすでにこの取り組みが行われており、消費者を”巻き込む”スピードはすさまじいものがありました。ファッションというと、きらびやかなイメージが先行しますが、環境問題を脅かす問題を引き起こすこともあります。世界で排出されるCO2の約10%は、売れ残った服を焼却することによって出ていたりファッションの産業は水を多く消費する産業でもあることから、水質汚染にも影響を及ぼしているのです。

こうした現状を踏まえてもH&Mの取り組みは目を見張るものがあります。本日はまず、”SDGsとは”ということにフォーカスし、外資系企業の事例を紹介いたしました。SDGsは国がやることで国民(消費者)一人ひとりができるイメージがないと思われがちですが、意外なところでSDGsに貢献しているということも少なくありません。

このコラムを機に何気ない日常に隠れたSDGsな取り組みを探してみてくださる方が増えると嬉しいです。次回はSDGsの取り組みを行う日本企業の事例を紹介していたします。配信は、6/25(金)の21時です。

ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる